おもむろに研究 そこはかとなく描く

追いコン

sony α-100 50mm F1.4
e0146919_1192433.jpg


三月は追いコンの季節です。
出会いと分かれは世の常ですが、大学では必ず一年に一回この季節が訪れます。

今回私は追い出す側。
やっぱり送り出される側はみんな少し神妙な面持ちになるようですね。

なぜ人は別れと出会いに対してストレスを感じるように造られているのか、
いつも疑問に思います。
もっと気軽に出て行けたら、もっと素直に人と出会えたら。
特に旅立ちの日にそれを強く感じます。
心のどこかでは多分冷静な部分が有って、
この瞬間を大切にしようと働いているのでしょうか。

残る側から見る「別れ」には少し羨ましさが混ざります。
他人に対して拓かれていく未来に対しては無責任だからでしょうか。
私は早く次の世界が観たくなります。

写真は贈り物のひとつです。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2008-03-20 01:34