おもむろに研究 そこはかとなく描く

<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ache

α-700 50mm F1.4
e0146919_1324215.jpg


おめでとう。
今日は笑っていられると良いね。

今日は笑って過ごすべき日だぞ。
どうしても泣きたい時には、泣き笑いの術を使いなさい。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-26 01:38 | friend

Friends

α-700 50mm F1.4
e0146919_019431.jpg


あまりにも綺麗な奥さんをもらって男友達からブーイングを受ける奴がいる。
こいつだ。
もしそんな奴が愛妻弁当なんか食っていたら、
過去の恥ずかしい話を一つずつバラしてやるかな。

奇しくもこれが彼らの最後の二人での写真。
これからは、三人写真になります。

More
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-24 00:29 | friend

Enduring Memories

Nikomat EL, Ai Nikkor 50mm F1.4S, CENTURIA 400
e0146919_19492838.jpg


あなたが一番怖がっていたものを知っています。
あなたがそれを一番欲しがっていたからです。

一番欲しいものが一番怖いなんて、笑っちゃうよね。
だから僕らは街の雑踏を見下ろしながら空しさしか感じないんだ。
誰しもが通るトンネルを、洩れなく僕らも通っていくんだ。
異端の典型を楽しみながら生きるんだ。

ゆっくり時間を掛けて準備するといい。
そして準備を万端に整えて、盛大に失敗するといい。

でも尚早に結論を出してはいけないよ。
結論を出すのは、もっとずっと後でいい。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-23 19:58 | friend

Madder Red

Nikomat EL, Ai Nikkor 50mm F1.4S, CENTURIA 400
e0146919_22123788.jpg


友達のブログの夕焼け写真に触発されて在庫を探る。
茜つながりの茜色(#B22D35)でも載せてみよう。

↑つくばの夕焼け

More
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-20 22:25 | landscape, buildings

Although, most of the love is painful

α-700 50mm F1.4
e0146919_1323473.jpg


昔、テレビを見ながら親父が発した言葉を鮮明に覚えている。
テレビの画面には沢山のピアスの穴をあけた若者が映っていた。

「こいつら牛だな。牛も鼻輪をつける。」

そうこうしていると大学生になった弟がピアスの穴を空けた。
髪の毛を染めた僕と並べて親父はニコニコ笑っていた。

僕はピアスの穴は空けない。
それは単に傷が治りにくい体質だから。
そして、痛い思いをしてまでファッションに手を出したくないから。
もしくは、こいつみたいに自分に穴を空けるほど窮する問題を内に抱えていないから。


左の耳にだけピアスの穴を空けるらしい。
痛みの数を、文字通り痛みとしてその身に刻んでいくらしい。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-20 01:47 | friend

Do not let me be

Nikomat EL, Ai Nikkor 50mm F1.4S, CENTURIA SUPER 400
e0146919_22503893.jpg


潔さは理解でもある。
解れば解るほど、潔さの切れ味は増す。

"分かってます"とあなたは言う。
恐らく、本当に分かっているんだろう。
その覚悟を、少しでも残せていれば凄く幸せだ。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-18 22:58 | friend

Onwa/Hidemi

α-700, Nikomat EL
e0146919_23592162.jpg


Onwa vs Hidemi
Nikomat EL vs α-700
35mm vs APS-C
MF vs AF
フィルム vs デジタル
左利き vs 右利き
寝癖 vs メイクバッチリ
メガネ vs 裸眼
田舎者 vs 都会人


でもどっちも化学好き
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-17 00:08 | friend

you

α-700 50mm F1.4
e0146919_0274870.jpg


写真撮られまくっているくせに、カメラの持ち方知らず。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-16 00:29 | friend

Memories

α-700 50mm F1.4
e0146919_0394823.jpg


逃すまいとしているのは記憶だ。
あなたはずっと畏れているから。
その美しさがあなたの奧に潜って隠れて、姿を消していく事を。

あなたはこれらにすがって離れないようになる。
拘りに囚われてそれらが足枷になる日に、
僕が預けるこれらの記憶が最も重いおもりになるだろう。

畏れているから、僕は好きなのだ。
一過性の煌めきを意識するからこそ、
その輝きは普遍的なものになり得る。

僕は善い友達だよ。
だから多くを撮り、多くを預けておく。
これらは、僕の見た景色だ。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-14 00:48 | friend

MT

Nikomat EL, Ai Nikkor 50mm F1.4S, CENTURIA 400
e0146919_23402515.jpg


ず〜っと前の写真。夏に入る前かな?
現像に出してみた。

彼は大阪時代の同級生。
勤務先がこっちなのでたまに一緒にご飯を食べる。
そろそろ身を固める準備を始めたらしい。
彼の大阪弁にも茨城の訛りが混じり始めている。

準備の手始めはデジタル一眼レフの購入だと。
自由に使えるお金が無くなる前に、記録を残すのに必要なカメラにはお金を掛けたかったらしい。
大阪にいた頃、僕が一眼レフを買って彼らを撮りまくっていた。
言うたら彼らに練習させてもらったお陰で写真が上手くなったようなものだろう。
大阪人はカメラを向けても逃げないから 笑

相方が綺麗な内に写真を沢山撮ってあげたいらしい。
新しい命が生まれてきたら沢山撮ってあげたいらしい。
素晴らしいと思う。
一緒に秋葉原のヨドバシに行ってカメラを選んだ。

結局のところは、僕はこう思ってる。
写真は記録で記憶。
大切な人を大切な人が撮っているべき。
綺麗な写真は沢山ある。
でも、その写真を撮った30年後にその相手と笑いながら見返せるような写真が最高。


世界に散らばる僕の友達たちよ。
そんな日を少し楽しみにしていてくれ。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2010-09-10 23:53 | friend