おもむろに研究 そこはかとなく描く

<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

生田の滝

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_2322179.jpg


生田の滝 –見返りの滝–

More
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-29 23:13 | waterfall

生田の滝 –出会いの滝–

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_043471.jpg


写真はいつだって光の積分。
次数を上げていくと微小変化の積算が垣間見れる。
電磁波である光が世界に色を与える。
電場と磁場が映し出す世界は電子の挙動。
電子はその存在が揺らいでいる波動。
光子は波の性質を遺憾なく発揮し、電子のスープである僕たちの脳をくすぐってくれる。

世界にある大切な波がもう一つ。
それは音。

だから僕は、
いつか絵で音を表現出来るようになる術がどこかに落ちていると信じてる。
静寂でさえ、音が支配するのだから。


生田の滝(出会いの滝)
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-29 00:17 | waterfall

I know that you always bring it to me

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_22291981.jpg


朝日、出。

海から昇る朝日を見たのは初めてでした。
一日の始まりはいつも綺麗なんですね。

茨城県 日立
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-27 22:36 | landscape, buildings

That knight with you

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_1381993.jpg


昔、高校一年生の頃、担任は国語の先生だった。
夏休みの宿題で読書感想文があった。
僕は「人間失格」(太宰治)を読み、原稿用紙五枚を埋めた。
でも実は原稿用紙五枚じゃ足りなくて、所々端折って五枚にした。

先生は僕を呼び出して、原稿用紙八枚に言いたい事を全部書きなさいと言った。
その作文は県で入選し、顔写真入りで文集に載った。

点と点では絵にならないと先生は言っていた。
それらをしっかり線で繋ぐから、それらが暖かくもなり、冷たくもなる。
先生は僕の中に溜まっていたものを口語訳してくれた気がする。
勘違いしてはいけない。
あなたは特別でも何でもない。
全部出し切っても、大丈夫、君は凡人だ。
だから僕は安心して阿鼻叫喚を綴った。

だから僕は今では点をばらまくようにしている。
それらを線で繋ぐと形が現れてしまうから。
荒削りな外形なら、むしろそれらが星のように散らばっていていい。
良い羊飼いに見守られて、僕は多くを旅していきたいから。
そこにそれらが有る事が重要な気がする。

太陽が消える頃に、それらはきっと形を成す。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-27 01:53 | landscape, buildings

Wedding

α-700 50mm F1.4
e0146919_2253655.jpg


背中が語るものは、多い。
小さい背中が小さい背中と寄り添い歩く。
想いとは何を持ってしても測る事が出来ない空間に浮かんでるのだろう。
それらが形を取らない心に何かを伝えてくる。

僕らはただそれを見守り、おめでとうと言おう。


------------
>J
写真編集、終了しました。
近日中にDVDが届くと思います(^ ^)
お待たせしました〜。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-26 22:11 | friend

花貫渓谷 不動滝

α-200 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_2025243.jpg


花貫渓谷 不動滝

滝そのものの美しさと言うよりは水の美しさ。
深い滝壺にたまった澄んだ水が見せてくれる深い色合い。
滝の規模以上に楽しませてくれる美しさが有りました(^ ^)

滝部の活動は日本の滝百選を回る趣旨から離れ、
茨城、栃木の滝を回りまくる方へと変換して行っております。
だって近くに百選滝があんまりないから。。。(^ ^;)
とは言いましてもさすが茨城、栃木。
滝の数は数知れず。
当分はこれで楽しませてもらえそうです(^ ^)
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-25 20:08 | waterfall

Throughout autumn without you

Nikomat EL, Ai Macro-Nikkor 55mm F2.8S, Kodacolor
e0146919_2581617.jpg


あなたが居ない世界にも色が付き、
それが私に時の流れを教えてくれる。

あなたはいつも私の後ろの席に座り、
後ろから私の背中を突いてこう言う。
私はここに居るから、と。

前を向くのは決してあなたの為ではないと思うのさ。
違う未来と違う想いを描いていていい。
渡り鳥が季節を知り舞い戻るように、
木々が顔を赤らめ衣を変えるように、
私は時折振り返り、あなたにこう言って見せよう。

まだ夢が終わらない。

More
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-23 03:23 | flower

横川の下滝

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_2128623.jpg


横川の下滝。
ほぼ無名。

こういう滝が栃木、茨城の山奥には多く存在します。
たまらん、大好き(^ ^)

More
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-22 21:35 | waterfall

袋田の滝

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_2355011.jpg


日本三大名瀑
袋田の滝

これが最後の砦。袋田の滝。
日本三大名瀑: 袋田の滝、華厳の滝那智滝

を制覇しました(^ ^)
どうでもいい人には本当にどうでもいい話ですよね 笑
滝好きには有名なこの三つの滝を見るのが小さな夢だったので
じんわりと嬉しさが満ちてきております。
今回の袋田の滝は水量がいまいち過ぎますが、また機会があったら寄りたいものです。

次は世界の三大瀑布でも目指すかな 笑
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-20 23:11 | waterfall

裏見の滝

α-700 SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II
e0146919_04260.jpg


裏見の滝
日光三名瀑

今回の滝部は一泊を入れての久々の泊まり旅。
というか初めての泊まり 笑
滝 to 滝の素敵なドライブに気分も最高。
紅葉の始まる寸前の日光は人の数もまぁまぁ(多い)。
本格的な行楽シーズンの前で良かったです。
とは言っても男二人の適当な旅。
予定は有って無いようなもの。
臨機応変しまくり。
でも時間通りにご飯は食べる。
あ〜、やっぱこんな旅行の仕方が僕には向いてます。
団体で民意をくむなんて無理。

奥日光三名瀑、日光三名瀑を制覇して、次は意気揚々と日本三大名瀑制覇へ!!

日光三名瀑: 華厳の滝、霧降の滝、裏見の滝
奥日光三名瀑: 華厳の滝、竜頭の滝、湯滝
制覇(^ ^)v
[PR]
by onwa-nukukazu | 2009-10-20 00:00 | waterfall