おもむろに研究 そこはかとなく描く

空梅雨

Hasselblad 503cx Carl Zeiss T* Planar CF 80mm F2.8
e0146919_0202564.jpg


まだ僕は露出計を持っていません。
スマートフォンのアプリで代用です(^ ^;)
でもたまに信じられない値を出すことがあるので結局は自分の勘を信じるだけ。
露出計なんて要らないぜって事では無くてそのうち買わなくちゃなって。
スマートフォンのアプリが意外と働いてくれるのでついつい。







中判カメラを始めるに当たってやはりネックになるのはフィルム代と現像代のランニングコスト。
だって中判カメラ用の120フィルムは12枚しか写真が撮れないのに
36枚撮りの135フィルムと同じくらいの現像代がかかる。
フィルム面積を考えれば当たり前の話ですがシャッター回数当たりの金額が上がるのは少しやりきれない。
さらにプリントはもっとお金が掛かるしフィルムスキャンするにも新しいスキャナーが必要になります。
だから日本にいたときは中判カメラには手を出さなかったんです。
というより手を出せなかったんです。カメラ本体の値段も高かったですし。

質の高い写真を撮ってくれると言うことは大前提として、
果たしてランニングコストがそれに見合っているのかが僕にとっては重要なことでした。

ソウルで結構下調べしました。
もちろんカメラ本体の値段からアフターサービスの状況、
フィルムの値段と現像、プリント、フィルムスキャンの費用。
日本とは全く勝手が違います。
価格帯が一定していないのです。お店によって値段が全く違います。
僕は日本人だから嘘をつかれることもあります。

結局買うことにしたんですが、それは良い対応をしてくれたカメラ屋さんがあったことと、
安くで現像とフィルムスキャンを上げてくれる写真屋さんを見つけたこと。
実は学校の学生が見つけて電話して調べてくれたんですけどね(^ ^;) ほんと感謝
ブローニーフィルムの現像は3,000ウォン(210円)、フィルムスキャンが4,000ウォン(280円)。
フィルムはネットで5本セットを30,000ウォン(2,100円)。
だから一本の120フィルムの合計金額は13,000ウォン(910円)。
これなら行ける。
他には現像が7,000ウォン、フィルムスキャンは写真一枚に付き1,000ウォンとか言われた所もありました。
自分の所でやってるのか委託でやってるのかでも値段は大きく変わるんです。
値段表が無い所がほとんどですしね(^ ^;)

韓国のソウルでブローニー始めちゃうぜって人に情報でした(^ ^)v
次はカメラ屋さんのことでも書いてみましょうかね。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2012-06-15 01:13 | friend