おもむろに研究 そこはかとなく描く

Daily Life

Nikon FM2, NOKTON 58mmF1.4 SL II
e0146919_20335721.jpg


とある家族の朝の風景




むかしむかし、僕が子供の頃、朝、突然親父が写真を撮ったことがあった。
それは何も特別ではない普通の朝。
理由やいきさつは全然覚えていないけど親父に言われるがまま写真を撮った記憶がある。
僕が覚えていないだけで何か理由があったのかもしれない。



Nikon FM2, NOKTON 58mmF1.4 SL II
e0146919_20342336.jpg




思えば、日常とは最初に忘れ去られていくものだ。
日常とは常に忘れ去られていくものだ。
今となっては僕がどうやって小学校に通っていたのか確かに覚えていない。
どんな様子で毎日を送っていたのか、定かに覚えていない。
少しばかり残る写真を参考にしながら新しい記憶を作ったりもする。



Nikon FM2, NOKTON 58mmF1.4 SL II
e0146919_20344166.jpg



それらの写真に載っている父は若い。
それらの写真に写っている母はエネルギーに満ちあふれている。
両親の情熱が一番満ちあふれていた頃、僕らは子供だったのだなと思う。

それならばと、写真を撮ろうと思った。
父と母が若いうちに、日常を残しておこうかなと思った。



e0146919_2124387.jpg

[PR]
by onwa-nukukazu | 2011-11-15 20:55 | family, relatives