おもむろに研究 そこはかとなく描く

Mii

α-700 50mm F1.4
e0146919_23263068.jpg



びっくりした人もいるだろうか。

彼女の名前は みー。
同い年。
生まれる前からの付き合いである。








自分の生まれる前から歴史はあるわけで、
記憶が始まる前から知り合いの人もいる。

「みー」って響きは、なんか記憶の一番深い所に刻まれているもののひとつ。


α-700 50mm F1.4
e0146919_23311318.jpg



たぶん、この写真を見てテンションが上がっているのは本人よりも周りの人達だろうと思う。
例えばみーの親父さんとか母親とか、僕の親父とか母親とか、とかとか。



α-700 50mm F1.4
e0146919_23312551.jpg



みーの眼は不思議な色をしている。
という事に今年気付いた。
正月、煎餅を食べながら気付いた。
27年目にして、気付いてしまった。
モデルに決定した。


α-700 50mm F1.4
e0146919_23314522.jpg



みーは小さい。
幼い頃から母親によく言われていた事を覚えている。
「温和、みーは弱いから守りなさい。」
いつでも、みーは僕の半分くらいしかなかったイメージがある。

みーが喋っていた記憶がほとんど無い。
思えば、僕はみーって呼ぶけど、みーは僕を何て呼ぶのか覚えてない。
う〜ん、不思議なもんだ。


α-700 50mm F1.4
e0146919_2332420.jpg



さり気なくコウジも載せておこう。


α-700 50mm F1.4
e0146919_23374822.jpg



身の回りの人の写真も、
しっかりと撮っておかなければならないなと最近つくづく思った。
[PR]
by onwa-nukukazu | 2011-02-18 23:49 | friend